先輩からのメッセージ | 岡崎市福祉事業団

サイト内検索
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
トップページ > 学生・就職希望のかた > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

 

「長く、安心して働ける職場を目指して」

川澄 裕行(かわすみ ひろゆき):2002年度入社

所持資格:介護福祉士、保育士

川澄

事業団に入社して16年目になりました。現在は放課後等デイサービスあずきで児童発達支援管理責任者として働いています。家庭では3人の子どもを育てる、世間でいう育メンです(笑)。妻と共働きで仕事と育児の両立は厳しいかと思いましたが、育児をする職員に対しての福利厚生も充実しているため家族と協力をしながらワークライフバランスを保つことができています。

入社してから、どうやってスキルアップするか、自分を磨いていくか、社会経験があるかたでも悩むこともあると思います。事業団では独自の研修プログラムがあり、初期から中級、上級と立場や役割にあわせた研修内容が用意されています。それ以外にも、福祉の村内の勉強会や各施設での勉強会・研修もあり、計画的にスキルアップしていくことが可能です。

事業団は、福祉や医療に関する専門性の高い職員が集まるプロ集団です。自分は本当にプロと言えるだろうか?と不安に思うこともあると思いますが、経験を積み、自信をつけることによって胸を張れる日が来ると思います。職場の頼りになる仲間や楽しい利用者の皆さまに囲まれてキャリアを積み、安心して働くことのできる職場を一緒に作っていきましょう。

「様々な職種を積んだ経験を生かして」

本田 大和(ほんだ やまと):2005年度入社

所持資格:社会福祉士、介護支援専門員

田中

私は事業団で様々な職種を経験し、この経験が意欲を持って業務に取組み、問題解決にあたる原動力となっています。
大学を卒業して入社後、「認知症デイサービス→障がい者通所施設→ケアマネジャー→地域包括支援センター→一般型デイサービス管理者」と職場が変わりました。地域包括支援センターでは、複雑な介護相談に対して、困ることもありました。そんなときほど相手が不安にならないよう、自信を持った受け答えを心がけてきました。

認知症に関する相談が多い中、20代のときの認知症デイサービスでの経験が参考になる場面が多く、相談援助職における財産になっています。
また、分野が違う障がい者通所施設では、考えかたや視点の違いを経験し、福祉職としても社会人としても成長できたと感じています。
「自分の経験や知識が、介護で困っているかたの役に立てている」「地元である岡崎市に貢献できている」とやりがいを感じながら、個別の相談を解決するのみでなく、担当地域から頼ってもらえる相談員を目指してきました。今後は相談職の経験を活かし、デイサービス管理者として利用者の皆さまに選んでいただけるデイサービス作りを目指します。

高齢者・障がい者・障がい児分野など事業を幅広く行っている岡崎市福祉事業団では、様々な職種の経験を積みスキルアップすることができ、「担当分野を極めるスペシャリスト」「幅広い対応ができるマルチプレイヤー」どちらも目指すことができます。皆さんといっしょに働き、より良い職場を共に創っていくことができたらと思っています

このページのトップへ