先輩からのメッセージ | 岡崎市福祉事業団

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
トップページ > 学生・就職希望のかた > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

 

「長く、安心して働ける職場を目指して」

川澄 裕行(かわすみ ひろゆき):2002年度入社

所持資格:介護福祉士、保育士

川澄

事業団に入社して16年目になりました。現在は放課後等デイサービスあずきで児童発達支援管理責任者として働いています。家庭では3人の子どもを育てる、世間でいう育メンです(笑)。妻と共働きで仕事と育児の両立は厳しいかと思いましたが、育児をする職員に対しての福利厚生も充実しているため家族と協力をしながらワークライフバランスを保つことができています。

入社してから、どうやってスキルアップするか、自分を磨いていくか、社会経験があるかたでも悩むこともあると思います。事業団では独自の研修プログラムがあり、初期から中級、上級と立場や役割にあわせた研修内容が用意されています。それ以外にも、福祉の村内の勉強会や各施設での勉強会・研修もあり、計画的にスキルアップしていくことが可能です。

事業団は、福祉や医療に関する専門性の高い職員が集まるプロ集団です。自分は本当にプロと言えるだろうか?と不安に思うこともあると思いますが、経験を積み、自信をつけることによって胸を張れる日が来ると思います。職場の頼りになる仲間や楽しい利用者の皆さまに囲まれてキャリアを積み、安心して働くことのできる職場を一緒に作っていきましょう。

「自分がしたいこと、なりたいものを見つけるために」

山本 多惠子(やまもと たえこ):2005年度入社

所持資格:看護師

田中

事業団に入社したきっかけは、育児が一段落し、そろそろ就職をと思っていたときに、知り合いからデイサービスの看護師を募集していると聞いたことでした。以前から介護の仕事に興味があったので、すぐに応募しようと決めましたが、ブランクがあり仕事を続けられるか心配もありました。実際に働いてみると、先輩の看護職員から『介護施設の中の看護師』という役割を丁寧に教えてもらい、日々の業務で判断に迷うときは、周りの職員がその都度、相談に乗ってくださり、心配なく業務を行うことができました。

デイサービスでの業務で一番心に残っていることは、やはり利用者の皆さまの喜ぶ笑顔です。特に機能訓練指導員として、私の声かけでやる気になったり、ちょっとしたアドバイスで身体の動きが良くなったと喜ばれたりと、結果が出たときは本当に嬉しかったです。

2016年4月からは、地域包括支援センターに異動となり、相談援助業務をするようになりました。初めての業務でとまどう事も多いですが、デイサービス時代に歯科衛生士、理学療法士、作業療法士などと連携して機能訓練計画書を作成してきたノウハウなどを生かし、高齢者が住み慣れた地域で、快適な生活ができるように支援していきたいと思います。

看護師として採用された私が、その経験を糧にさらに新たな業務に挑戦できるのは、事業団が大きな組織で多様な福祉サービスを展開しており、また法人全体として職員ひとりひとりのキャリア形成に取り組んでいるからだと思います。これからも自分がしたいこと、なりたいものを見つけるために、頑張っていきたいと思います。

このページのトップへ