児童発達支援事業 | 岡崎市福祉事業団

サイト内検索
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
トップページ > サービス案内 > 児童発達支援事業

児童発達支援事業のご案内

 

集団生活の中で、お子さんの発達を促します

児童発達支援「めばえ」、こども支援センターすだち(親子通所)は、心身の発達に心配や遅れがあるお子さんが、保護者のかたとともに通所し、お子さんの発達を促す療育を行います。
こども発達センター「わかば」、こども支援センターみどり、こども支援センターすだち(並行通園)は、心身の発達に心配や遅れがあるお子さんが、保護者のかたのもとから通所し、お子さんの発達を促す療育を行います。
また、地域の中核的な役割として、保育所等訪問支援と相談支援を行っています。

利用できるかた・利用できる施設・児童発達支援事業で受けられるサービス

心身の発達に心配や遅れがある0歳から3歳以内のお子さん(原則、4月1日現在で2歳以内のかた)
link こども発達支援センター「めばえ」(欠町)

  • 療育(職員が集団の中でお子さんの発達を促すように支援します)
  • 機能訓練(リハビリの専門職員とともに一人ひとりにあった、心身の発達を促す訓練を行います)
  • 生活相談(日々の療育に関わる職員が、生活に関する困りごとに丁寧に対応します)
  • 健康チェック(職員が体の調子を確認します)
  • 口腔ケアや栄養指導(歯科衛生士や管理栄養士などの専門職員が健康維持・向上のため助言します)

 

心身の発達に心配や遅れがあるおおむね1歳のお子さん
link こども支援センターすだち(欠町)

  • 療育(職員が集団の中でお子さんの発達を促すように支援します)
  • 生活相談(日々の療育に関わる職員が、生活に関する困りごとに丁寧に対応します)
  • 健康チェック(職員が体の調子を確認します)

 

心身の発達に心配や遅れがある3歳以上で未就学のお子さん
link こども発達支援センター「わかば」(欠町)

  • 療育(職員が集団の中でお子さんの発達を促すように支援します)
  • 機能訓練(リハビリの専門職員とともに一人ひとりにあった、心身の発達を促す訓練を行います)
  • 生活相談(日々の療育に関わる職員が、生活に関する困りごとに丁寧に対応します)
  • 健康チェック(職員が体の調子を確認します)
  • 食事(管理栄養士が考えたおいしい日替わりメニューをご用意し、一人ひとりにあった食事形態で提供します)
  • 送り迎え(通園バスで送り迎えします)

 

link こども支援センターみどり(美合町)

  • 療育(職員が集団の中でお子さんの発達を促すように支援します)
  • 機能訓練(リハビリの専門職員とともに一人ひとりにあった、心身の発達を促す訓練を行います)
  • 生活相談(日々の療育に関わる職員が、生活に関する困りごとに丁寧に対応します)
  • 健康チェック(職員が体の調子を確認します)

 

link こども支援センターすだち(欠町)

  • 療育(職員が集団の中でお子さんの発達を促すように支援します)
  • 機能訓練(リハビリの専門職員とともに一人ひとりにあった、心身の発達を促す訓練を行います)
  • 生活相談(日々の療育に関わる職員が、生活に関する困りごとに丁寧に対応します)
  • 健康チェック(職員が体の調子を確認します)
このページのトップへ