社会福祉法人 岡崎市福祉事業団

お子さま向け施設案内

こども発達支援センター こども発達支援センター「めばえ」

こども発達支援センター「めばえ」のご案内

こども発達支援センター「めばえ」は、心身の発達に遅れや心配のあるお子さんが、
保護者のかたとともに通い、遊びを通して発達を促す療育を行っています。

パンフレットダウンロード

サービス目標
より良い保護者のかたとの関係を育みます。
初歩的な生活習慣を身に付けるための療育をします。
小集団の中で社会性の芽ばえを育みます。

サービス詳細はこちら

こども発達支援センター「めばえ」の特徴

手厚い職員体制

児童福祉法における人員配置基準に対し、それ以上の人員を配置し、やさしく笑顔の専門職員が療育を行っています。

有資格者による
質の高いサービスの提供

保育士、嘱託医師、(准)看護師、管理栄養士、リハビリの各療法士などが連携を図り、質の高いサービスを提供します。

一人ひとりにあった療育

ご家族とのより良い関係、お友達との関係を築きながら、一人ひとりにあった療育を行っています。

ご家族をサポート

日々の困りごとの相談はもちろん、他にも発達相談嘱託医師による健康診査を実施しています。保護者のかた向けの講演、講座も開催しています。

こども発達支援センター「めばえ」の一日の過ごしかたの例

9:30~

登所

今日も元気に来れたね。まずは手洗いと、体温を測ると、一日が始まります。

10:15~

朝の会

みんなが揃うと、歌と体操で身体を動かして今日の準備。「いっぱい遊ぶぞ~」

10:30~

課題遊び

季節を感じながらお散歩したり、リズム遊びで体を動かしたりと、発達に応じた遊びをします。

11:30~

給食

お口の体操をしてから、みんなでお昼ごはんを食べます。

13:15~

昼の会

紙人形劇や絵本の読み聞かせを行っています。

13:30~

課題遊び

午後からの課題遊びの時間です。発達に応じた感覚・運動・製作・音楽遊びをします。

14:15~

帰りの会

あっという間に楽しかった一日も終わりです。触れ合い遊びや手遊びをしてから帰ります。

14:30~

降所

「さようなら」あいさつをして帰宅します。

年間行事

様々な年間行事を開催しております。

春の行事

はじまりの日

めばえでの生活が始まります。めばえの合言葉「のんき、こんき、げんき」でともに歩んでいきましょう。

夏の行事

水遊び

プールで楽しく水遊び。水の感触や水の中での動きを遊びの中で体験します。

福祉の村 夏まつり

福祉の村・こども発達支援センターの利用者のかたと地域のかたとの交流を目的に、毎年盆踊りや催事で盛り上がります。

冬の行事

福祉の村 クリスマス会

市内の障がい児者が一堂に集い、サンタクロースへの夢を膨らませる毎年楽しみな行事です。

福祉の村 もちつき大会

地域の交流を目的にボランティアで青年会議所の皆さんの協力でもちつきを行っています。

お別れの日

めばえの家で過ごした日々もこれでおしまい。お子さんの成長と巣立ちをみんなでお祝いします。

通年行事

避難訓練

火災や地震、行方不明などを想定し、緊急時に安全に避難できるよう訓練を行っています。

身体計測

毎月、身長と体重を測定します。大きくなったかな?

音楽療法

音楽療法士による指導を受け、音楽に親しみを持ち、豊かな心を育みます。

施設紹介

施設を写真で紹介いたします。

体育館療育

広い体育館で身体を大きく動かして遊びます。

家族療育参観(年3回)

平日、こども発達支援センター「めばえ」に来ることができないご家族が土曜日に施設で過ごしかたを知ってもらう機会として開催しています。

リハビリ相談

保育士と作業療法士、臨床心理士、言語聴覚士らが、ご家族からお子さんに関する相談を受けています。

静養室

光・音・におい・振動・温度・触覚の素材、これらを組み合わせたトータルリラクゼーションの部屋です。子どもたちのリラックスと心地よい楽しみの一つになっています。

運動室

料金案内

この料金案内は参考料金です。実際のお支払い金額は、利用回数などによって異なります。

  • 児童福祉法における、児童発達支援給付費の利用者のかたの自己負担額は1割負担となります。
  • 上記の児童発達支援給付費の利用者のかたの自己負担額には上限があります。あなたの世帯状況をご確認ください。
    (児童通所支援受給者証をお持ちのかたは受給者証をご覧ください)

児童発達支援給付費の利用者のかたの自己負担額の上限月額

区分 利用者上限月額
生活保護世帯 0円
市民税非課税世帯 0円
市民税課税世帯
※ 市民税所得割額世帯合計額が28万円未満(児)
4,600円
市民税課税世帯
※ 上記以外
37,200円
利用者負担の減免を申請しない場合 37,200円

事業概要

事業所名 こども発達支援センター「めばえ」
所在地 〒444-0011 愛知県岡崎市欠町字清水田6番地4
電話番号 0564-25-1288
FAX番号 0564-25-1299
対象者 心身の発達に遅れや心配のある0歳から3歳以内のお子さん(原則、4月1日現在で2歳以内のお子さん)
定員 80人(こども発達支援センター「めばえ」、「わかば」をあわせた人数です)
休日 日曜日、祝日 12月29日~1月3日
開館時間 9:00~16:30
サービス提供時間 9:30~15:30
種別 児童発達支援センター
事業所番号 愛知県2353100213号
職員構成 管理者、児童発達支援管理責任者、保育士、指導員、嘱託医師、(准)看護師、機能訓練担当職員
個人情報の取り扱いについて
当団体では統一の規定を設けております。
詳しくはこちら
苦情の対応について
当団体では統一の規定を設けております。
詳しくはこちら

こども発達支援センターへのアクセス

〒444-0011 愛知県岡崎市欠町字清水田6番地4

車でのアクセス

名古屋市方面から
国道1号線「岡崎インター西」交差点左折
→ 主要地方道岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折
→ 約200m直進「福祉の村」バス停手前「左側」

豊橋市方面から
国道1号線「岡崎インター西」交差点右折
→ 主要地方道岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折
→ 約200m直進「福祉の村」バス停手前「左側」

豊田市方面から
主要地方道岡崎環状線「根石小学校南東」交差点左折
→ 約200m直進「福祉の村」バス停手前「左側」

幸田町方面から
国道248号線「上地三丁目」交差点右折
→ 主要地方道岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折
→ 約200m直進「福祉の村」バス停手前「左側」

公共交通機関でのアクセス

名鉄名古屋本線東岡崎駅バス停から
名鉄バス1、2番のりば
系統31 市民病院行 康生町・岡崎げんき館経由 「福祉の村」バス停下車 徒歩5分

名鉄バス緑丘バス停から
系統32 市民病院行 商工会議所前・東岡崎経由 「福祉の村」
バス停下車 徒歩5分

愛知環状鉄道大門駅から
系統80 市民病院行 岡崎北高前経由 「福祉の村」バス停下車
徒歩5分

名鉄バス大樹寺バス停から
系統81 市民病院行 岡崎北高前経由 「福祉の村」バス停下車
徒歩5分

NEWS最新のニュース