こども発達支援センター(わかば) | 岡崎市福祉事業団

サイト内検索
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
トップページ > 施設案内 > こども発達支援センター > こども発達支援センター(わかば)

こども発達支援センター(わかば)のご案内

こども発達支援センター(わかば)は、心身の発達に遅れや心配のある3歳から就学前のお子さんが、集団生活の中で発達や生活習慣、人との接しかたなどを学ぶための療育を行う施設です。

 

サービス目標

  • 基本的な生活習慣を身に付けるための療育をします。
     
  • 集団生活の中で、人との接しかたを学ぶための療育をします。
     
  • 運動・言語・知的の面での発達を促します。

こども発達支援センター(わかば)の特徴

  • 手厚い職員体制
    児童福祉法における人員配置基準に対し、それ以上の人員を配置し、やさしく笑顔の専門職員が療育を行っています。
  • 有資格者による質の高いサービスの提供
    保育士、嘱託医師、(准)看護師、管理栄養士、リハビリの各療法士などが連携を図り、質の高いサービスを提供します。
  • 一人ひとりにあった療育
    家庭での生活から、先生、お友達と過ごす中で、一人ひとりの発達段階や得意なことなどに目を向けて、療育を行っています。
  • ご家族をサポート
    こども発達支援センター(わかば)での過ごしかたについてはもちろん、日々の子育ての中での悩みや困りごと、サービスのことなど、気軽に職員へご相談ください。お子さんのことを真剣に考えて取り組んでいる職員たちが対応します。
  • おいしい給食の提供
    管理栄養士が献立をつくり、季節を感じるおいしい給食を提供します。
このページのトップへ