こども発達支援センターめばえ(親子通所)「片栗粉粘土遊び」をしています | 岡崎市福祉事業団

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ 交通アクセス お問い合わせ
トップページ > こども > こども発達支援センター > こども発達支援センターめばえ(親子通所)「片栗粉粘土遊び」をしています

カテゴリー

アーカイブ

こども発達支援センターめばえ(親子通所)「片栗粉粘土遊び」をしています

こども発達支援センターめばえ(親子通所)では、8月の感覚あそびとして片栗粉粘土をしています。その場で、粉の状態から少しずつ水を加えて作ることで、片栗粉の形状の変化を楽しんでいます。子どもたちは、握ると固まり、広げるととろとろとした液体になる片栗粉に興味津々でした。なかなか触ることができないお子さんは、まずは見て楽しむところから始めています。今後も感覚遊びを通して様々な感触に触れ、興味を広げていきます。

こども発達支援センター

形状が変わってきたね!

 

こども発達支援センター

とろとろの片栗粉気持ちいいね!

[ こども発達支援センター | 2018年08月21日 ]
このページのトップへ